逆突き|松濤館流 空手・最速上達法 DVD 國分利人 コツ

逆突き

逆突きは、前屈立ちの姿勢で構え、前に踏み込む足と逆側の手で突き手を出すのが逆突きです。
数ある突きの中でも最も破壊力の技の一つですね。

 

 

腰の回転を利用して体重を拳に乗せることがコツです。
やり方としては、前屈立ちで構え、突きを打ちこむ位置に引き手を出し、引き手の反動と腰を鋭く回転させ、スピードとパワーを加え突きを出します。

 

突き手は、拳をしっかり締め真っ直ぐにひねり込むように突きます。
逆突きは、下半身がブレないように腰をしっかり落として、内ももを締めるようにすると良いです。
そして、腰の回転を利用することで、威力のある突きが出せるようになります。

 

 

また、相手に衝撃を与える瞬間に、拳をひねり込むことでよりパワーが増大し、相手に与えるダメージが一段と増します。引き手に関しては、正拳突きと要領は同じですが、肘と脇をしっかり締め、腰の高さに拳を素早く引くようにします。
引き手をしっかりすることで、反動がつき突きのスピードとパワーも出ます。

 

 

なお、腰の入ってない突きは試合ではポイントにはほとんどなりません。
試合でしっかり腰の入った突きを放つには、腰を回転させると同時に前方に重心を移動させために、後ろ足をしっかり張るようにさせると腰の入った突きが打てるようになります。

 

 

ポイント

・腰を落として腰の回転を利用する。
・相手に拳が当たる瞬間に突き手をひねり込む。
・引き手の反動を利用することで威力の増大をはかる。

 

 

空手・最速上達法DVD の詳細を見てみる >>

 
購入者の声 空手の基本 試合組手の基本 購入レビュー リンク集