松濤館流 空手・最速上達法 DVD 國分利人 正拳突き コツ

正拳突きのコツ

空手の全ての突き技の基本と言えるのは正拳突きです。

 

 

この正拳突きは、前屈立ちの姿勢で半身で構えたところから引き手をしっかりとり、突きを繰り出します。
この時に、上半身だけでなく下半身も使って全身の力を拳に手中させることが大切で、相手に当たる瞬間に突き手をひねり込むことで威力が増します。

 

 

そして、正拳突きを決めるコツ(極意)は、運足(足の運び方)が重要です。
素早く後ろ足を前足に引きつけ、そのまま踏み込んで突きます。

 

 

この時に、後ろの足をしっかり張るように意識して行うと、上半身に下半身の動きがスムーズに伝わり、威力のある突きが出来るようになります。

 

 

また、相手にヒットする瞬間に拳をしっかり締めて半回転ひねりを加えることでパワーが増します。
逆に、このひねりを加えないと、威力が半減するだけではなく、相手に当たった瞬間に手首が曲がって怪我をすることもあるので気をつける必要があります。

 

 

突きのスピードは突き手の反対側の引き手をしっかりとることの反動で突きのスピードが増します。
なお、引き手は腰の上に拳を握ってつけ、脇と肘をしっかり締めます。

 

 

試合で正拳突きを決めるコツとしては、相手の上段ないし中段の突きに対し内側に素早く入り、相手の正中線を狙うと、相手が多少動いてもポイントをとることが出来ます。
また、間合いも相手から遠い距離に自分の身を置くことにもなりますが、相手の内側に入り込むスピードが求められ突き・腰の回転・引き手のタイミングが大切です。

 

 

このタイミングには、さらに重要なポイントがあり、強い突きをつくためには欠かせないのは柔らかい体です。

 

 

正拳の握り方
手を開いた状態から、親指を除く4本の指を第1関節から折り曲げ、4本の指の上から親指をぐっと締めます。拳を横から見て直角になるようにしっかり指を握るようにします。
また、相手を突いた時に真っ直ぐな状態を保つようにし、拳が上下左右に曲がらないようにします。

 

正拳の正しい当て方
当てる部分は、拳の人差し指と中指の付け根の部分が中心になるようにあて、その時の当てる角度は直角になるようにします。なお、正拳で着く時に真っ直ぐになっていないと、怪我をするので注意するようにしましょう。

 

 

正拳突きのコツ(極意)を伝授!

 

空手・最速上達法DVD の詳細を見てみる >>

 

 

 
購入者の声 空手の基本 試合組手の基本 購入レビュー 空手の受け方 リンク集